• ホーム
  • ガーン!まだ20代なのにシミ!治し方を調べました

ガーン!まだ20代なのにシミ!治し方を調べました

鏡を見て、肌に心配する女性

シミが出来る原因には、紫外線をよく浴びていることなどが関係しています。
そのため、20代でもシミが出来てしまうことは残念ながらあります。
20代でシミが出来てしまった場合も治し方は色々あるので、放置してしまわずにケアをして肌の美しさを取り戻すと良いでしょう。
20代で出来たシミの治し方を調べてみると、美容皮膚科に行くとそれぞれの人のシミの種類に合った治療が受けられることがわかったため、まずは相談に行くのがおすすめです。

美容皮膚科で利用出来るシミ治療の方法としては、フォトフェイシャルやオーロラといった、特殊な光を肌に照射する治療法があります。
シミが出来る仕組みはメラニン色素が肌に沈着することですが、フォトフェイシャルなどでIPLという光を当てると溜まっているメラニン色素にダメージを与えることが出来るので、シミやそばかすの改善が期待出来ます。

その他に美容皮膚科ではケミカルピーリングという治し方も利用可能です。
ケミカルピーリングは薬剤を肌に塗って肌表面の古い角質を取り除くという治療法になります。
それにより肌の生まれ変わりが促進されて皮膚の奥に沈着しているメラニン色素も排出が促され、シミの改善につながることが期待出来ます。
美容皮膚科で20代の人がシミ治療を受けるなら、イオン導入でビタミンCなどの有効成分が入った美容液を肌に浸透させる方法も良いでしょう。
肌の内側にビタミンCをしっかりと届けるとメラニンの産生を抑える働きが期待出来るため、シミを薄くするのに役立ちます。

フォトフェイシャルやオーロラは施術中に痛いと感じることが少ないですし、受けた後に後遺症が残ることもない安心な治療法です。
ケミカルピーリングも人によっては肌に刺激を感じることがある位で安全な治療法と言えます。
どの方法も費用が高すぎるということは無いので、シミを薄くしたい20代の人は美容皮膚科を受診して自分に一番合いそうな治し方を選んではいかがでしょうか。

いざとなったらシミはレーザーでも取れるらしい

20代のシミを治したい時に、なるべく早く改善をしたいならレーザー治療を行っている美容皮膚科で相談するのが良いでしょう。
シミにはいくつかの種類がありますが、20代でも紫外線をよく浴びている人に出来ることが多い老人性色素斑や、遺伝によってあらわれて日焼けによって悪化するそばかすにはレーザー治療が効果的とされています。

レーザー治療の費用については、薄くしたいシミやそばかすの面積によって金額が変わるクリニックが多くあります。
狭い面積のシミなら比較的リーズナブルな費用で施術をしてもらえるので、受診してどの位の治療費が必要かを聞いてみると良いでしょう。

20代のシミをレーザーで消そうとする場合、施術中の痛みは輪ゴムではじかれる程度であることが多いため、痛いのが苦手な人でも受けられることでしょう。
痛いのが極端に苦手な場合も、相談すれば麻酔を使ってからレーザー治療をしてもらえるので安心です。

レーザー治療でシミを消したいと思ったなら、治療後に後遺症が残らないかという点も心配になるのではないでしょうか。
しかし、レーザー治療を受けたことで人体に害があるような後遺症は起こらないため、安心して利用出来ると言えます。
治療後には施術を受けた部分が日焼けをしないように気をつける必要がありますが、それは新たなシミを作らないようにするためです。

老人性色素斑は早い人では20代でもあらわれてきますし、そばかすも元々の体質で出ていたものが紫外線によって濃くなってくる可能性があります。
そのような原因で出来てしまったシミも、美容皮膚科を受診して医師の診断を求めれば最適な方法で治すことが出来ますから、あきらめてしまわずに改善を目指していきましょう。

サイト内検索
人気記事一覧