• ホーム
  • トレチノインとハイドロキノンの効果

トレチノインとハイドロキノンの効果

肌がきれいな女性

トレチノインとはビタミンA誘導体の一種で日本では未承認医薬品となっていますが一部の大学病院や皮膚科や形成外科などで院内調剤された軟膏の処方を受けること可能です。
効果としては皮膚のターンオーバーを促進する作用があるため肌トラブルを改善するための美容クリームなどにも使われています。
商品名はレチンAやスティーバAと書かれていることもあります。

ハイドロキノンはヒドロキノンとも呼ばれていてトレチノインと併用することにより皮膚の漂泊効果が高まるとされていることから肌を白くする効果のある化粧品にトレチノインと一緒に入っている成分です。
肌の漂白作用が高いためドラッグストアなどで手軽に購入できる市販の商品には常に2%~4%程度の濃度となっており、アメリカにおいて2%以上濃度が高いものに関しては専門医の管理下における処方が必要となっています。
日本では2%までの配合が厚生労働省により許可されていますので市販品を安全に使用したい場合には覚えておくことをおすすめします。

トレチノインは皮膚のターンオーバーを活性化させることができるため表皮の奥にあるメラニン色素を外に排出させる効果があります。
ハイドロキノンはメラニン色素の生産を抑えるだけではなくメラニン細胞を減少させるためすでに肌にできてしまったメラニンにも漂泊効果が期待できます。
ハイドロキノンは肌を白くする効果は強いものの肌の奥まで浸透しにくいためトレチノインの併用で効果を上げることができます。

トレチノインとハイドロキノンが併用されているクリームを使用すればその効果によってメラニン色素の少ない細胞に皮膚が置き換えられていくためより効果的に綺麗な肌を目指すことができます。
しかしながらどちらにも使用上の注意があるため肌が弱いなどトラブルを抱えている場合には専門医の指導のもとで使用するようにすることが大切です。
特に内服薬の場合には妊娠を望む方や妊娠中は使用できないので注意しましょう。

ハイドロキノン使用時に日光を浴びてはいけない理由

ハイドロキノンを使用する場合には紫外線対策がきちんとできることが条件となっています。
理由としてはハイドロキノンを使用中に太陽光に浴びてしまうとかえってメラニン色素が増え新たな色素沈着が起きてしまう可能性があるからです。
ハイドロキノンを使用中にかゆみや痛み、肌のかさつきなどの症状が出た場合には紫外線対策が十分にできていないことがあります。

紫外線対策としては既に色素沈着が多いところは特に影響を受けやすいため太陽がでていない夜だけに使用し、朝には洗い流すようにすると良いでしょう。
日中に使用する場合には、ハイドロキノンを塗り乾いた後最低でもSPF20以上の日焼け止めクリームやUVカット入りの下地などを使用するようにして下さい。
紫外線予防を毎日できない方の場合にはかえって皮膚トラブルを引き起こしてしまう可能性があるため医師の診断によっては治療を受けることができないケースもあります。

また、トレチノインに関しても注意が必要で個人差がありますが始めの2週間ほどは皮が剥けやすい時期となっているため肌のバリア機能が低下することもありこちらも肌に刺激の強い紫外線は浴びないようにすることが大切です。
日中高SPFのサンスクリーンの使用し皮膚を守るようにしましょう。
刺激が強すぎる場合はかえって肌トラブルを招きかねないため自分にあった濃度のものを使用するようにして下さい。

ハイドロキノンやトレチノインが配合された商品を初めて使用する場合には美容クリニックなどを使用すると詳しい使用方法や副作用について説明をうけられるのでおすすめです。
市販薬を使用する場合にも注意書きを読み、副作用と思われる症状が出た場合には早めに医師に相談するようにしましょう。