• ホーム
  • 化粧水に含まれる成分の細かい効果って?

化粧水に含まれる成分の細かい効果って?

肌の問題に落ち込む女性

毎日の洗顔の後に化粧水や乳液、美容液を使っているという方は多いのではないでしょうか。
最近では、オールインワンジェルのような化粧品を使う人も増えていますが、やはり化粧水の需要は高く、女性だけでなく男性も化粧水を使う人が増えています。
乾燥や肌荒れから肌を守ってくれる化粧水に、どのような成分が入っているかきちんと把握しているでしょうか。
また、その成分がどのような症状に効果的かをしっかりと把握すると、化粧水の選び方も変わってくるかもしれません。

まず、化粧水の構成として水、ベース成分、機能性成分、安定化成分の4つに分かれます。
化粧水の成分のほとんどが、水溶性の水に溶ける成分でできています。
そのために、まずベースとなる水(精製水)が必要です。ベース成分では、保湿性の高いグリセリンが多く使用されています。
化粧水に使用されるグリセリンのほとんどは、パーム油由来やヤシ油由来の植物性のものがほとんどです。

揮発性殺菌性を高めるために、アルコールを使用しているものもあります。
この化粧水は使用感がさっぱりとして、皮脂性が強い方おすすめです。
しかし乾燥肌や肌がデリケートな方には避けた方が用意成分の一つと言えます。

次に保湿成分として水溶性セラミドが挙げられます。
水溶性セラミドとは、もともと人の肌にある成分の一つで肌のバリア機能をしている成分です。
その成分を化粧水として補うことで肌の健康を保つ効果があります。

有名な成分の一つである、ヒアルロン酸も保湿成分の一つです。肌のハリを保ち、若々しい肌を手にいれるために活用されます。
少しの量で多くの水分を保有することができるので、化粧水の成分をしっかりと保ちながら肌にキープすることができるのです。

その他にもエイジングケアとして、プラセンタエキスや水溶性ビタミンCやネオダミールなどがあります。
どちらもアンチエイジング効果が高く、保湿や血行促進、新陳代謝を促す効果が期待できます。

クレンジングの選び方も大切!

化粧水にこだわるのであれば、合わせてクレンジングにもこだわることをおすすめします。
クレンジングには多くの種類が有ります。オイル、リキッド、クリーム、ジェル、ミルク、シートなどが挙げられます。
クレンジングの選び方はどの様にすれば良いでしょう。
基本的には、クレンジングはベースメイクの種類によって選ぶのが良いとされています。

クレンジングオイル
しっかりと濃いメイクをする方にオススメです。
メイク用品のほとんどは、オイルから作られています。オイルで乳化させて落とすことで、綺麗に落とす事が出来ます。
クレンジングリキッド
水をベースにして作られたメイク落しです。さっぱりとした使用感で人気があります。
優しく洗うことが出来るので、まつ毛エクステをしている方に選ばれています。
クレンジングクリーム
クリームで柔らかく洗うことが出来るので肌の摩擦を起こしにくく肌を守りながらメイクを落とすことが出来ます。
さらにクリームタイプもオイルタイプと同じく油分を含んでいるので濃いメイクでも安心して落とすことが出来ます。
クレンジングジェル
水溶性、油性など種類を選ぶ事ができ、水溶性の場合はさっぱりとしています。
油性の場合はしっかりとメイク落せますしテクスチャーが柔らかく、肌を守る事も出来るのでおすすめです。
クレンジングミルク
なめらかな乳液の様なメイク落としです。肌が弱い方や乾燥肌の方にオススメです。
強くこすらず肌を滑らせる様に使用するのが良しと言われています。
あまり濃いメイクの場合は、しっかりと落としきれない可能性も有りますので注意しましょう。

その他にも、濃いアイメイク専用のアイメイクリムーバーもあるのですが、こちらはコットンにたっぷりと含ませて、目元に置くと簡単にアイメイクが落とすことができます。
強くこすらずに済むのでまつ毛エクステをしている方には欠かせないでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧